« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

大晦日

誠、太一と近くの串カツ「ののいち」へ。





彼との出会いは23年前、中学生のとき。

太一は20歳なので生まれる前からです。

二人はいつも久しぶりなのに久しぶりでない感じ。

兄弟みたいなものです。

そして、いよいよ大晦日。

来年も大きな山、目標に向かって、登っていきます。数々の試練を乗り越えることができるよう力がつくよう努力するのみです。

皆様、来年もよいお年をお迎えください。

ありがとうございました。





2016年12月26日 (月)

海太くんが2連勝

丹羽海太くん(高1)が本日、宇治田原CCで行われたJJGA石川遼カップ京都大会において72(37,35)、滋賀大会に続き連続優勝としました(^-^)

力がついてきました。
最近はレッスンでの打ち出す球を見ても、しっかりした感じがでてきました。

本人はまだまだだと向上心もあります。




滋賀大会での写真です。

努力には「継続」が必要です。

言葉は単純ですが、容易に続けることはできません。

ほとんどがなんらかの理由をつけてやめてしまいます。


今日も試合終わって屋外指導で報告してくれました。


これからも今の気持ちを忘れず頑張ってください。


溝田INS

國分彩那ちゃん(中1)が優勝

國分彩那ちゃん(中1)がアリジジュニア月例会(アリジCC・三重県)に出場、76(40.36)で見事、中学女子の部で優勝しました。

最近は冬のコース状況をイメージして練習していました。

また、お父さんと約束したことを継続できているようです。

力は少しずつついてくるものと思います。それには、何事にもそれしかありません。

これからも目標に向かってがんばってほしいと思います。



2016年12月24日 (土)

忘年会

昨日はゴルフフィールド大人だけの忘年会を開かせていただきました。





たくさんの方に参加していただけました。

いつもはほとんど、ゴルフの話しかしていませんが、お酒がすすむとその他の楽しい話や色んなお話を聞かせていただき、笑いが絶えないとても楽しい忘年会でした(^-^)


また、こんな企画ができればと思います。

よろしくお願い致します。

みなさん、来年もよいお年をお迎えください。

ありがとうございました。


溝田INS

いい練習に




夜明けとともにグランシエロへ。

到着して、トレーニングを終え、練習場へ。




今日は太一、誠人くん、悠真くん。




朝からバンカー練習。




悠真くん。




誠人くん。




太一。

それぞれ課題がみつかりました。




27ホールのラウンド終わって、坂道ダッシュ15本。

その後もトレーニング。

トレーニングはゴルフスイングに必要な筋肉を動かし、鍛えていきます。

終わった後、「めちゃ楽しかった!」と言ってくれました。

「厳しさの中に楽しさあり」

そんな指導ができればと思い、私もがんばりました。

明日もラウンドします。





海太くんが優勝

JJGAタイガー魔法瓶石川遼カップ滋賀大会(滋賀GC)で76(39.37)でラウンドした丹羽海太くん(高1)が優勝しました。

悪天候の中、よくがんばったと思います。

帰りはスタジオに寄ってくれました。




「もっとしっかりしたドローが打ちたい」と意欲があります。そのための構え方、ヘッドの入れ方をレッスンしました。

自分のものにするには練習しかありません。

これからもがんばってください。

2016年12月22日 (木)

高速グリーン

グランシエロで強化練習。




1番564ヤードロング、ティーショット、右サイドフェアウェイを捉え、セカンドをピン左5メートルに2オン。楽々バーディ。





17番ロング、イーグルパット。このパットを難なく決めました。




15番ミドルのフェアウエーバンカー。砂はフカフカになっています。

通常、フェアウエィバンカーは砂を固くし、ボールが沈まないようにしてありますが、ツアーや難しいセッティングではこういうふうにしてあることがあります。

全米オープンではこういうバンカーライにし、難しくします。

クラブヘッドの入り方が悪いとすぐにミスショットになります。






427ヤード、打ち下ろしの18番ミドルのティーショット。

フィニッシングホールにしてはタイトなホール。いつもはアイアンでティーショットしますがこの日は風があまりなかったのでドライバーでティーショット。

最終ホールもバーディでした。

グランシエロのグリーンはかなり速くなっていました。表示は10.5から11フィートですが、12フィートくらいは出ていました。

ツアーセッティング並みのグリーンです。


















2016年12月19日 (月)

練習ラウンド

朝1番からアリジ9ホール。気温は0度。

オフに入り、1週間のリハビリの後、トレーニングを開始して、約1週間。


トレーニング効果も出て来て、身体の動きがスムーズになってきました。

アウト1番ロングからいきなり300ヤード

セカンドは5番アイアンで2オン。









今日は9ホール、3バーディ、1ボギー。

帰って、またスタジオでトレーニング。





徐々にスピードが戻ってきました。

2016年12月16日 (金)

冷たい中でのラウンド










今日は朝1番からアリジゴルフで9ホールのみラウンドしました。

気温は0度。

風も吹き、寒いのを通り越して冷たい朝です。

途中からみぞれが降りだしました。

内容は3バーディ、1ダボ。

1ホールで4パットがありました。

少しずつ調整です。

体調も復活し、ラウンド中は走って回りました。もちろん、ジョイントも走りました。

トレーニングも兼ねて一挙両得です。

大阪に帰ってまたトレーニングです。




帰りは名阪国道、雪でした。



2016年12月10日 (土)

少しずつ調整







クラブを二日間握らないのはゴルフ始めておそらく始めて。

身体は悲鳴をあげ、疲労困ぱい。

身体を徐々に慣らしていきます。

このオフは練習とトレーニングに力を入れるとのことです。

2016年12月 6日 (火)

必死のパッチ

最終日、鍋谷太一(20)は69(36.33)でラウンド、通算17アンダー、最終優先順位13番目で来季前半戦、ほぼ出場できる権利を獲得しました。

お伝えした通り、朝からの風は平均10メートルを越え、最大風速は15メートルを越えていたと思います。

突風で時折、ピンの竿は90度に曲がるくらいです。

そんな中、アウト2番、3番連続バーディとスコアを伸ばしましたが、前半最終の9番ミドル、グリーン手前の池に入れてしまい、痛恨のダボ。

今日の予想では、2打以上落とすとツアー出場権利は取れません。

後半は試されるラウンドとなりました。

ところが11、12番連続バーディ、14番バーディ、15、16連続ボギーとした後、奮い立たせ、17番バーディ、18番ロングをピン奥、8メートルに2オンさせ、イーグルパットを10センチに寄せ、上がり2ホール連続バーディ。

後半はなんとこの風の中、5バーディ。

結局7バーディ、2ボギー、1ダボ。

順位を6つ上げ、13位タイ。最終日スコアが優先されるため、13番目。

これで来季前半戦、海外(シンガポール、ミャンマー)、中日クラウンズ、日本プロ(予選から)以外のトーナメントは全て出れます(リランキングにより、中盤戦、後半戦も出場可能)

最終日成績表はこちら







パーゴルフとアルバ取材。




JJGAの取材。

とにかく、ここまでくる選手は精神が全く違います。

こんな風でもこんなプレッシャーがかかる局面でもすごいスコアを出せます。

トップは太一と同い年、星野陸也が31アンダーです。彼は今年の夏、日大を中退、プロ転向しました。

太一の同組の韓国選手は上がりの3ホール、ホールインワン、パー、イーグル。

Jチョイはロングでロストボールしながらも悔しさをにじませ、5打目、目玉のバンカーから直接入れるパー。

雄叫びが響いていたそうです。

太一もすごいパットを決め、負けじと「ウォリャー」

私はスタートと上がりしか見れませんが、選手のプレーからすごい気迫が伝わってきます。

今日上がってきてスコアを聞いた時は涙が出るほどでした。

よく耐えた、よくがんばった。本人「必死のパッチやった」と言っていました。

2人で過ごしたこの1週間は笑いも笑顔もほとんどありませんでした。正直ずっと苦しかったです。

楽になったのは帰って家の玄関を開けた時です。

帰りの車でもまだ明日もあるようなそんな気持ちでした。

体調も万全でなく、まだ若いのでわかりにくいと思いますが、いかに身体が大事かも思い知らされたと思います。

このクオリファイにはセカンドからでも1000人以上の選手が出ています。そこから勝ち上がってファイナルに残れる選手は170名ほど、他の権利で30名ほどで計200名弱。

さらに4日間が予選で通過するのは90位タイまで。

残った選手がツアーメンバーとして登録され、チャレンジツアー出場権利を得て、さらに二日間の決勝に進みます。最後は上位35名がレギュラーツアー優先出場権利を得ます(35位はタイの場合プレーオフ)

今回、日本選手21名、海外選手14名でした。

厳しい世界、うまいだけでは通用しません。

明日から少し休養が必要です。

長いようで短いシーズンがこれで終了です。

ここまで支えていただいてる方々に感謝申し上げます。

また来シーズンに向けて、計画を練って挑みたいと思います。

たくさんの応援ありがとうございます。








最終日の朝

最終日は朝からすごい風です。





風の音が「ゴー」と鳴っています。北西の風、いわば冬の風です。

2日目と昨日は吹きましたがここのコースでは序の口です。

過去にこの時期、このコースでのファイナルは3回目ですが、過去はこのような風が6日のうち、3日はありました。

今日はスコア大荒れの予想です。

例年より、グリーンは速いのでボールも動くこともあると思います(一昨年より、風によって動かされた球は罰なしとルール改正されています)

太一は朝から「風」を歓迎していました。


2016年12月 5日 (月)

5日目終了、14アンダー

今日は朝から少し風がでてきました。日中はかなり風が強くなって、アイアンの番手が2つ、3つ違うことが多々あったそうです。

太一、朝は35の1アンダーでターン。後半は3つ伸ばし、33。

4アンダーで5日目終わって通算14アンダー、19位タイ。

内容は5バーディ、1ボギー。

順位はトップ20に入ってきました。

5日目成績表はこちら





ラウンド後のアプローチ練習。

明日はいよいよ6日目最終日。

風は強いとの予報です。

2016年12月 4日 (日)

JJGA東横イン決勝大会

アイランドゴルフリゾート那須で二日間(栃木県)36ホールにわたって行われたJJGA東横インジュニアゴルフオープン決勝大会が終わりました。

中学生の部で出場した藤原直輝くん(中2)が75,71のトータル2オーバー、トップタイになりましたが、惜しくもプレーオフで敗れ、2位タイとなりました。全国大会では自己ベストフィニッシュです。




敗れはしたものの、やりきったゴルフで笑顔での写真です。

まだ感想は聞いていませんが、本人は初めてのプレーオフ。緊張したと思います。でもとてもいい経験ができました。

また高校の部では、丹羽海太くん(高一)が77,73トータル150で9位、小薮誠人くん(高3)が76,83トータル159で13位、林陽菜乃ちゃん(高2)は93,84トータル177で31位となりました。

またレッスンの時にゆっくり話を聞きたいと思っています。

大事なことは、課題を持って帰ることです。
試合でも、ラウンドでも、一つ一つクリアできる様に頑張ることだと思います。


報告ありがとうございました。遠征お疲れ様でした。


溝田INS

10アンダー

ファイナルクオリファイ4日目、鍋谷太一は68(33.35)とし、トータル10アンダー、28位タイまで順位を上げ、明日から2日間、36ホールの決勝ラウンドに駒を進めました。

予選カットは83位タイまで、スコアは5アンダーでした。

結果はこちら

例年のように風が吹いたのは2日目のみで、伸ばし合いです。

トップは25アンダー、竹安選手。

ツアー記録は28アンダーですからそれに迫るスコアです。

これで太一は3年連続ツアーメンバーになりました。全チャレンジツアー出場権利はこれで獲得です。

後は35位までに入り、レギュラーツアー優先権を得るのが目標です。

今日はかなり反省していました。15番終わって、6アンダーまで伸ばしながら、16、17連続ボギー、18番ロングも取れずに悔しさを滲ませてしました。



朝はトレーナーとウォーミングアップ。

身体の調子も日毎によくなってきました。

昨日、今日と一緒に同組になった横田真一選手から、「太一のショットは松山クラス、これからもがんばれよ」と最後に声をかけてもらったそうです。

明日からも引き締めてほしいと思います。

2016年12月 3日 (土)

伸びないです。




朝からトレーナーにケアしてもらい、コースへ。




キングコース1番ロング。

アゲンストの中、スタートからナイスショット。セカンドは3番アイアンで2オンし、バーディスタート。

期待しましたが前半1アンダー。

また、後半も1アンダー。

ショット数は36。

パット数は34。

順位は44位タイ。

伸びません。

成績はこちら

明日は4日目、予選最終日。90位タイまでが来年のツアーメンバーになれ、残り2日間の決勝に進出できます。

2016年12月 2日 (金)

特有の風

今日はこのコース特有の風が吹きました。ときおり突風が吹き、難しいコンディションです。




テントも倒れないよう畳んでいます。




そんな風の中、ボギー先行の展開。

それでも前半イン打ち上げの最終574ヤードロングホールをクリークで手前4メートルに2オンし、2パットでバーディ。

イーブンで折り返した後、後半アウト2番ロングをイーグルで2アンダーまで伸ばしましたが、7、8と連続ボギー。

結局イーブンパーの72(36.36)

トップはこの風の中でも13アンダー。太一の順位は45位タイまで下がりました。



トレーナーにケアしてもらいました。




2日間まともにボールを打てませんでしたが、かなりよくなりました。

明日以降、巻き返しを期待したいと思います。

2016年12月 1日 (木)

初日4アンダー

鍋谷太一(20)は68(34.34)、33位タイで初日を終えました。

内容は6バーディ、2ボギー。

太一は難しいほうのキングコース(b)なので、そこでは10位タイとまずまず。

成績はこちら

明日はクイーンです(交互にラウンド)

今日は気温も16度くらいまで上がり、また、この時期のこのコースでは珍しく、ほとんど風が吹きませんでした。

故に好スコア続出です。60台は198人中、81人です。



上がってから、身体のことを考え、早々に切り上げました。

ファイナルクオリファイ

いよいよ、来年のツアー出場権をかけた戦いが始まりました。

コースは白山ヴィレッジGC(三重県)クイーンコース・キングコース36ホール使用・出場選手198名)予選4日間、決勝2日間の計6日、108ホールで争われます。

決勝に進出すれば来年のツアーメンバーに登録され、チャレンジトーナメントまでの出場権、リランキング対象選手となります。

先週から身体の調子が思わしくないようですが、最終戦乗り越えてほしいと思います。



« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »